2017年12月11日月曜日

木目込みの干支(戌)作り 2

 今回、購入したのがこれ
『ソリ刃のはさみ』刃先がカーブしている
長く使えるかと 手芸メーカーClovreのはさみ

粘土用のヘラは 
美短大の頃に 彫塑で焼き物を作った時のかな?
彫塑、染色、デザイン...それぞれ一週間の特講

これでスタート・・・
 黒い布は堅牢な染めで、厚みがあり
退色のリスクが少ないかと
黒い羽織をほどいた古布

 前掛けの模様布は金襴
色無地は透け感が少ないアムンゼン

色のバランスを見て・・・
 デザイン変更をする事に・・・
左右の大きさが違った目を修正。
前足に黒ブチ模様と
尻尾にも黒ブチ模様を追加

 アムンゼン布を引っ張ってみて
伸びやすい向きに合わせてきめ込んだ

 職人ではないので美しくは無いけれど
自分で作るのは やっぱり楽しい






良き新年を迎えられますように!



2017年12月9日土曜日

木目込みの干支(戌)作り 1

 来年の干支は戌年
思いついたのは 『張子の犬』
これを木目込みで作ってみたい。
孫のお宮参りの犬があったはずと・・・

ネットでいろいろ下調べ

木目込み人形のキットが販売されていたけれど
ん~ やっぱ 自分で作ってみたいかな~って

木目込み人形は、40年程前に作った経験がある。
母が祖母にと、キットを購入したけれど
既に祖母には 細かい手作業が難しく
私が代わりに作ったから
白い髪と赤い髪の獅子舞姿で
袴のパーツを1ヶ所だけ
布を裏返しに貼ってしまった。
しかも、切込みだけじゃなく布に
接着剤を塗ってしまってたから
失敗は覚えてるもんだよね~(苦笑)

 N:僕のおもちゃ?
いいえ! 本体の芯です。

 桐塑(とうそ:桐粉+寒梅粉)ではなく
石粉ねんどを使うので乾き易くしようかなと
テープで巻いてみた。

『桐塑』でやってみたかったけれど
乾燥が間に合わないね~きっと
『木ねんど』も完全に乾燥させると
確か収縮が激しかったから
日にちが足りない・・・

 石粉ねんどで包んでから
ふと気づく・・・足が無い!

 なんとかお腹部分を修正して

 石粉ねんどを盛りながら形にして
2~3日 おいて乾燥させた。

 乾燥後にサンドペーパーで修正し
トールペイントで使っていた
オールパーパスなんとやらで
欠けてしまわないように コーティング

 ノコギリやノミ、デザインカッターで
切込みを入れたところ

マジックの線を消すのと、
白い布を張る部分に
白色のアクリル絵具でペイントした。
これで一応、ボディの完成!
さて、上手く木目込みできるかな?

2017年12月7日木曜日

さつまいもプリンを作ってみた

① 水+ゼラチン10g
② さつまいも250gをカットして水にさらし
電子レンジ500wで 4分。
③ 牛乳300l+砂糖50gと②をミキサーにかける。
④ 牛乳100mlを中火にかけて、火からおろし
①と③を混ぜて耐熱カップに入れ冷蔵庫で
冷やし固める。
⑤ ハチミツ大さじ3+醤油大さじ1と
黒ゴマ小さじ1を混ぜて④にかけて完成。

※ 黒ゴマが無かったので無しで
芋のカットが細か過ぎと、水に
さらし過ぎたので風味がイマイチだった。






2017年12月2日土曜日

葉牡丹の庭 2

 田舎の母より 宅配便で届いた物は吉祥草
12月に咲く花は縁起物とか  ドッサリ! 
寒い中、洗って入れてくれたんだと・・・

 調べてみると スズラン亜科で
グランドカバーに良いそうな

赤玉土と桐生砂、堆肥を混ぜて
緩効性肥料のマグファンプを足して
カップと鉢に植えてみた。 

 春になって葉牡丹が終わるころに
植え替えができるように
カップごと 植えつけた

 ん~ 相変わらずセンスが無いな。。。

でも ハーブの緑が少ない冬
華やかさをここに

※ 前回の『葉牡丹の庭』で、写真の
間違いさがし解答は 『猫』でした。


2017年12月1日金曜日

12月のクリスマスリース

 綿の実をいただいたので

 リース台とリボンがあったのを思い出し
そうそう、椿の種殻も・・・

 いただき物の麦の穂と

こんな感じ 少しもの足りない
やっぱり、椿の殻はとっておくべきと
思ったのでした。


2017年11月30日木曜日

柿ようかん

 柿羊羹はグラニュー糖だけでできるとか
柿を沢山いただいたので
挑戦してみることにした。

 柿の皮と種を取って450g

グラニュー糖 50g 

 細かく刻んだ柿に グラニュー糖を混ぜて

 30分程 おいておく

 ミキサーでジュース状にするのだけれど
ん~ これまた古いミキサーなので
大丈夫かな~? 半分ずつなんとか回して

これを鍋にうつし 良く火を通して
型に入れ表面を平らにのばす・・・

 ミキサーのかけかたが足りなかった?
ツブツブが残ってしまった

 冷蔵庫で冷やし固めた。
確かにグラニュー糖だけで固まったけど
美味しい? 砂糖甘い!
もしかして、ミキサーじゃなくて
柿をすりおろし器でするか
陶器のすり鉢ですりおろして
裏漉しするとかした方が良いような・・・
成功とは言い難い味だった。

故祖父母は、戦前に和菓子屋を営んでいた。
あ~故祖父に習っておけば良かったと
故祖父が作ってくれていたおやつ
覚えているのは この舌のみ・・・

 故郷の椎茸が届いた 

とっても良い香り
『干し椎茸』と『玉みそ』も入っていて
私の実家では 作ってなかったから
初対面の『玉みそ』は
刻みネギと花かつおを添えて
ご飯のお供にいただくとか・・・

生椎茸はグリルで焼いて
大根おろしとポン酢でいただくと
絶品!!!なのです。

K.N様 ありがとうございます。




2017年11月26日日曜日

葉牡丹の庭

 葉牡丹をいただきました

故義父が この季節になると
園芸店から買い求めていた。
きっと故義父が 見たかったのだろうと

 ビオラとアリッサムを足して
庭植えにしてみた
淋しかった庭が 幾分華やいで・・・

 ん~ あんまりセンス無いな~

上の写真と左右の角度違うけど
玄関扉以外で どこかが違います
さてどこでしょう?


2017年11月25日土曜日

自家製ラズベリーを使って

 マシュマロと牛乳のムースに

 鉢植えのラズベリー(フランボワーズ)

 ちょっと早まったかな~
青い実もついていた・・・

 少量の水とグラニュー糖で
無農薬のラズベリーソース
(フランボワーズソース)

牛乳240cc マシュマロ120gを溶かし 

 
 ラズベリー用、耐熱カップ1個

そう、前回はミルクチョコレートだったから
マシュマロの砂糖をダブって極甘で
今回は リベンジ~でブラックチョコレート

 ラム酒を少々足してみた
やっぱり良い香り~

 耐熱容器に注いで少し冷めたら
冷蔵庫へ

 トッピングの生クリームは
ババロアに使った残りの100ml

 固まった白ムースにラズベリーソース
チョコムースは ココアをふりかけて

 生クリームを搾り
チョコのかけらをトッピング

100ml は流石に多いから・・・

牛乳と砂糖を加えてのババロア風
スィーツ作りしてたら
3Kg増し~!ちょっとヤバイ!